Profile

Join date: Jun 14, 2022

About

アニメ映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』2日間で興行収入6.7億、動員数50万人を記録! 週末興行ランキング&週末動員数ランキングで1位を獲得! 鳥山明先生より大絶賛コメントが到着

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」が初登場1位! 「トップガン」2位、「シン・ウルトラマン」3位、6位に新作「からかい上手の高木さん」【国内映画ランキング】




Watch ░▒▓██► CLICK HERE TO WATCH ░▒▓██► ドラゴンボール超 スーパーヒーローライブ


░▒▓██► ドラゴンボール放送 ░▒▓██► ドラゴンボール超 スーパーヒーローライブ




░▒▓██► ドラゴンボールライブ ░▒▓██► ドラゴンボール超 スーパーヒーロー放送


░▒▓██► ドラゴンボールライブ Watch ░▒▓██► CLICK HERE TO WATCH




1984年から1995年まで「週刊少年ジャンプ」にて大人気作品として連載され、常にトップを走り続けてきた日本を代表する伝説的漫画『DRAGON BALL』。シリーズ最新作映画『ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー』が2022年6月11日(土)より公開中です。


このたび、土曜日の動員数30万人、日曜日の動員数20万人、興行収入は6.7億を超え、大ヒットスタートを記録! また、週末動員数ランキング、週末興行収入ランキングともに、堂々の1位を獲得しました。



本作は原作・脚本・キャラクターデザインを担当した鳥山明渾身の一作で、最新技術を駆使した最高密度の映像クオリティに鳥山ワールド全開のコミカルなギャグ満載の日常シーンと大迫力のバトルが楽しめる物語が見どころ。


観客からは「マジで最高でしたッ! ワクワクが止まらないストーリーと めちゃくちゃ迫力のあるバトルが 激アツすぎた!! 悟飯…ピッコロさぁぁぁん! スーパーヒーローだよ!最高!」「今までのドラゴンボール映画とはまた違った感動と笑いと驚きが沢山ある映画でした!!!!!なんだこれ!!」「最初はほのぼのしたり笑ったりしたけど バトル始まってから鳥肌が立ちまくり!!! 最高でした!!!!」「映像美に惚れ込んでしまいました!」「開始5分でもう一回観たくなりました 最初から最後までずっとヤバい」「ドラゴンボールで泣くと思わなかった」といった熱量の高いコメントが数多く寄せられ、胸アツ&激アツな展開と最新技術による映像美&大迫力のバトルシーンに陶酔した観客が続出し、早くもリピートを決める方々も!


さらに、観客のみならず、鳥山明本人からも「ひとことで言って、スゴいアニメ映画です!」「ドラゴンボールかぁ・・・などと迷っている皆さんがいたら、ダマされたと思ってご覧になってください。きっと映画館を出るとき、テンションが上がっていますよ~!」と大絶賛のコメントが到着!


今回コメントに添えられている鳥山ロボはピッコロ仕様の特別なイラストです。まだ、本作を観ていない人はぜひ劇場へ足をお運びください!


6月11日~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。2015年から放映されたTVアニメの映画化第2弾「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」(東映)が土日2日間で動員49万8000人、興収6億7000万円をあげ初登場1位を獲得した。声の出演は野沢雅子、古川登志夫ら既存メンバーに加え入野自由、神谷浩史、宮野真守らが参加。監督は前作「ドラゴンボール超 ブロリー」で3Dパートの制作に携わった児玉徹郎。


2週連続で首位に立っていた「トップガン マーヴェリック」(東和ピクチャーズ)は土日2日間で動員41万8000人、興収6億6900万円をあげるも2位に。累計では動員283万人、興収43億円を突破。土日2日間で動員12万6000人、興収2億300万円をあげた「シン・ウルトラマン」(東宝)はワンランクダウンの3位。累計では動員239万人、興収35億円を突破している。


新作では6位に「劇場版 からかい上手の高木さん」(東宝映像事業部)がランクイン。2021年に第66回小学館漫画賞(少年向け部門)を受賞、シリーズ累計発行部数1100万部を突破する人気コミックを原作に、2018年から3期にわたって放映されたTVアニメの劇場版。原作者・山本崇一朗監修の下、赤城博昭監督をはじめTVシリーズと同じスタッフ陣が終結。声の出演は高橋李依、梶裕貴、小原好美ほか。


既存作品では、5位の「名探偵コナン ハロウィンの花嫁」(東宝)が、累計成績で動員630万人、興収87億円を突破。9位の「映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝」(東宝)は、動員161万人、興収19億円を突破している。

j

ドラゴンボールライブ (Dragon Ball 2022)) 6月14日から22日

More actions